プレスリリース

GSアライアンス株式会社が固体酸化物形燃料電池 (SOFC : Solid Oxide Fuel Cell)の電極、固体電解質材料の受託合成、小型セル、受託測定を開始

2019.07.23

GSアライアンス株式会社(Green Science Alliance Co., Ltd.:環境、エネルギー分野の先端材料を研究開発、製造販売する化学会社/冨士色素株式会社グループ/本社:兵庫県川西市/代表取締役社長:森 良平 工学博士)は、固体酸化物型燃料電池(SOFC : Solid Oxide Fuel Cell)の電極、固体電解質材料の受託合成、受託測定を始めました。

燃料電池は、燃料が持つ化学エネルギーを直接電気エネルギーに変換するため、高効率な発電技術として注目されています。

特に固体酸化物形燃料電池は、発電効率が高く、またコージェネレーションシステムとしてCO2排出量も少ないことから、省エネ、環境性に優れた低炭素社会の実現に向けての有力な候補と位置付けられています。

GSアライアンス株式会社は既に電極、固体酸化物などを合成して少量販売を始めており、今回は受託合成、測定も受付け、また顧客の要望に応じてそれらの材料の材料特性、電気化学特性なども含め提供できる体制を整えました。

具体的にはXRD(X線回折測定)、SEM(走査型電子顕微鏡)、I-Vカーブ、交流インピーダンス測定、粒子径サイズ測定など、また他にも顧客の要望に応じて様々な実験データも受託測定します。小型の単セルであれば、提供する体制も整えていきます。

またGSアライアンス株式会社自身も最先端の高効率なSOFC材料を研究開発し続け、従来の水素を燃料とするSOFCの他に、アンモニアを燃料とするタイプのSOFC、プロトン導電性セラミック燃料電池(PCFC : Protonic Ceramic Fuel Cell)などの研究開発も追及していきます。